• 皆様と共に成長する社労士事務所

    所謂扶養の範囲(社会保険)の維持が目的のパート労働者の年収130万円の壁(会社の規模によっては106万円の壁)の対応策を検討するとの報道が1日あった。最低賃金が近年、上昇するのは労働者にとって結構なことだが、この壁を意識して年末になると特に就業調整をせざるを得ない人(壁を中途半端に超えると扶養から外れ、社会保険料を納めなくてはならず、従前と較べ手取りが減るのでそれを避けようとする人)が増加することが懸念される。またこの問題、パートさん本人も当然負担増だが会社も費用を折半しているので人件費増に繋がる。但し、時代の流れとしてはいわゆる国民年金第3号被保険者制度自体を見直す(扶養の制度を廃止する)方向にあるので、経営者もパート労働者も前向きに受け止めざるを得ないのだろうと個人的には思う。ちなみに今後の106万円を超えたら社会保険(健康保険、厚生年金保険)が適用されるようになる被保険者総数&スケジュールは下記の通り。備えは万全にしておく必要がある。

    (会社の)被保険者総数適用時期
    常時101人以上22年10月から(適用済)
    常時51人以上24年10月から


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA